staubレシピ~黒いカレー~

以前食べた色が黒いカレーの味が忘れられず、試行錯誤しながら作ってみました。
目指すは吉祥寺某店のブラックカレーです。

まず黒カレーで気になった点は、
・色が黒い(そのまんまですけど・・)
・かなりスパイシー
・味に苦みがある
という二点です。

色々と調べてみると、ちょっとずつ秘密がわかってきました。

まず「色が黒い」というのは、カレー粉を充分に焼く(煎る)ことが大事なようです。
これで風味も引き出し、苦みもでるようです。
それと、黒の成分には「鉄分」が関係しているのではないかというものも見つけました。
ですので、念には念を入れて(?)鉄鍋でカレースパイスを煎ることにしました。
煎るうちに、段々スパイスの色が変わって、同時に風味も変わってきます。
う〜ん、かなり色と風味が変化しますね〜。
なんだかこれで、早くも8割くらい目的達成しちゃったような・・・。

次に具。
某店では鶏の手羽元をメインにしていましたが、より黒カレーを目指す私としては「鉄分」に注目しました。
鉄分の多いお肉といったら、牛肉です。
ということで、メインは牛肉にしました。

カレーの具で重要なものといえば、玉ねぎ。
玉ねぎの量・炒め方・切り方で味が変わるといっても良いくらいですね。
今回は大玉4つ(一人前に対して1.5個)と、たっぷり使いました。
切り方は、繊維に対して垂直に切ります。(こうするとトロトロになりやすいので)
これを、たっぷりのオリーブオイルで水分がなくなる程度まで炒めます。

ここまで、作ってちょっと気付いたことが・・・・。
アレ?
これ、もう既に全然吉祥寺某店のカレーじゃないじゃん・・・・(・_・;)。
というか、コレ・・。
中村屋のカレーに近いかも!!

そう感じて、他の野菜の切り方を考え直しました。
人参とジャガイモはオオブリに乱切りにすることにしました。

後は、下拵えしたものを合わせていくだけです。
ここからストウブくんの登場ですね(お待たせしました!)。
まず炒めた玉ねぎでオニオンスープ(800cc程度)を作ります。
そのスープに、牛肉は一度フライパンでしっかりと焼き目をつけてから、ローリエの葉と一緒に加えます。
60分程度弱火で煮た頃、人参を加えます。そこから15分後、今度はジャガイモを加えます。
15分程度煮たら、そこに香ばしく焼いたカレースパイスを半分加えます。
もう半分は中濃ソースとケチャップを煮詰めたものに加えて、ドロドロのカレーペーストにしてからストウブくんにいれて一煮立ち。
一度冷まして、温め直せば完成です♪

c0132466_324485.jpg

c0132466_3250100.jpg


美味しくできました!
でも、吉祥寺某店はもっともっと黒かったような・・・。
お肉も鶏の手羽だったし・・。
・・・・・・。
まあ、こまかいことは気にしない気にしない〜。
味や風味はかなり中村屋さんのお味に近いと感じました。
これはこれでとっても美味しくいただきました。

個人的には筋多めの牛肉をストウブくんで煮込むと、牛スジのむちっとした食感が楽しめました。
筋多めの牛肉はお財布にもやさしいので、お勧めです〜。

なかなか深いです、黒カレー。
もうちょっと、「黒カレー」をこれから追求してみたいと思います♪。

~~~☆いつも応援のワンポチッ、ありがとうございます♪私もちょっと苦くてスパイシーな黒いカレーが大好き&食べたい!と思ったら、応援の一押しお願いします♪♪☆~~~
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村
[PR]

by staub_love | 2009-11-23 04:09 | ストウブ(煮込み料理)  

<< staubレシピ~鶏つくねの白菜汁~ staubレシピ~キャベツのペ... >>