<   2009年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 

staubレシピ~胡麻と豆乳の鍋物~

少しずつ、暖をとるものが美味しい季節になってきましたね。
今回はすりゴマと豆乳をたっぷり使ったお鍋をつくりました。

ちょっとお手抜きして、豆乳に市販のガラスープの素とカツオ出汁のもとでベースをつくりました。
お鍋の出汁って、きちんと素材からとろうと思うと、本当に大変です。
特に豆乳などで割る場合は、ガラを煮詰めたり、厚削りの鰹節などで濃厚なお出汁をとらないといけませんものね・・。
家のお鍋はお手軽なものというのが私の前提ですね。

加えた材料は、
鶏肉、豆腐、白菜(美味しくなってきました)、人参、大根、しめじ、長ネギ、たっぷりのすりゴマです。
だしの素を使っても、ストウブくんで野菜の旨味やお肉からいい旨味がたっぷりとでて、深みのあるお味に仕上がります(^-^)。
味付けはお塩と白醤油、最後にたっぷりの白ごまを加えました。
c0132466_624172.jpg



このところ仕事に追われ、心が痩せた思いでした(体は全然痩せませんけど・・ね・・笑)が、やっぱり衣・食・住が心と体を支えてくれてるんだなあと実感。
あつあつのお鍋を食べて終えて、汗をたっぷりかいたら心も体もスッキリ(*´∀`*)。
我ながら単純ですね〜。

~~~☆ブログランキングに参加しています。もっともっと広げたいストウブの輪。1日1押しお願いします〜♪☆~~~
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村
[PR]

by staub_love | 2009-09-30 06:52 | ストウブ(煮込み料理)  

staubレシピ~根菜のドライカレー~

今回は食物繊維を沢山とれるカレーを作りました。

メインとなる食材は根菜、とくにゴボウです。
カレーにゴボウって、ちょっと意外な組み合わせですけどとっても美味しいんですよ(^-^)。

食材は全部角切りです。
・人参はたっぷり3本くらい、ジャガイモを2〜3個、ゴボウを大きいものを一本くらいです。他の野菜は玉ねぎとピーマンを加えました。
・ニンニク、生姜はお好みで。
・スープは、前回作った手羽元のスープのベースを別によけておいたものをつかいました。そこにトマト缶を1缶加えます。
・ストウブくんにオリーブオイルとカレー粉をいれてじっくり香りがたつまで炒めたら、ニンニクと生姜を加えます。辛くしたい時はここで唐辛子もくわえます。
・手羽元をほぐしておいたお肉をくわえて、スパイスをよくなじませます。
・そこに切った野菜を、玉ねぎ、ゴボウ、人参の順で加えてふたをします。焦げ付きが心配なら、100cc程度のスープを加えておくと安心ですね。10分程度蒸焼きにします。
・残りの野菜をくわえて、蓋をします。20分程度弱火。

塩やコンソメで味を整えて完成です☆
市販のカレールーでも美味しくできますよ(^-^)!ルーは普段の半分くらいの量でも結構味が強くなります。味見しながらお試しください。


c0132466_21533666.jpg

カレーはご飯が進みますね〜♪
それと、結構問い合わせがあるストウブくん関連の料理本はこちらにまとめていますので(おさらいのページです)、ご参考ください。

~~~☆ブログランキングに参加しています。もっともっと広げたいストウブの輪。広めるための応援ワンクリックしていただけると嬉しいです♪☆~~~
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村
[PR]

by staub_love | 2009-09-25 22:14 | ストウブ(炒め煮)  

staubレシピ~あさりの味噌汁~

今は、アサリの旬の時期ですね(*´∀`*)。
そうそう、アサリは年に二回の旬があるんですよ。
春先の3〜4月と、9月です。どちらも産卵期の直前なのでしっかり身がつまっています。

ということで、アサリでお味噌汁をつくりました。
お出汁は、干し椎茸と昆布の植物性のものでとりました。ちらしたのは自家製の小葱です。
c0132466_2140417.jpg


じゃあご飯も海鮮ということで、漬けにした鮭・マグロの赤身・イカ・カンパチを酢飯にのせました。
c0132466_21401948.jpg


これから冬にかけては牡蠣もでてきますし、魚も根菜も美味しい季節になりますね(*´∀`*)。
しっかり旬の美味しさや栄養をとって、楽しく生活していきたいですね。

~~~☆ブログランキングに参加しています。もっともっと広げたいストウブの輪。広めるための応援ワンクリックしていただけると嬉しいです♪☆~~~
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村
[PR]

by staub_love | 2009-09-24 21:48 | ストウブ(煮込み料理)  

staubレシピ~水菜とモズクと手羽元のスープ~

シルバーウィーク、 みなさまいかがお過ごしでしょうか?
お墓参りを兼ねた遅めの帰省をされたかたや、旅行を楽しまれた方のなどなど、例年よりも長めの連休を満喫されていることと思います。

私は、高麗は巾着田に曼珠沙華(彼岸花)を見に行ってきました。
高麗は曼珠沙華の日本最大の群生地だそうです。
もうそれはそれは、一面の赤・赤・赤!
詳しくは、フイルムの現像が上がってきたら改めてアップしたいと思います(^-^)。

さて、今回はスープを作りました。
手羽元をまとめて安く買ってきたので、たっぷりとスープをとりました。
生姜と日本酒を加え、塩だけで味付け。もうこれで十分美味しいスープがとれます。
そこに、モズクと水菜を加えました。
それぞれの違う食感を楽しみます。
コラーゲンたっぷりのスープがまた嬉しいですね(^-^)。

c0132466_21165747.jpg

c0132466_21171114.jpg


~~~☆ブログランキングに参加しています。もっともっと広げたいストウブの輪。広めるための応援ワンクリックしていただけると嬉しいです♪☆~~~
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村
[PR]

by staub_love | 2009-09-23 21:31 | ストウブ(煮込み料理)  

梨シロップの氷割り

昨日作った和梨のコンポートのシロップを使って、食後の飲み物を一杯。
シナモンパウダーと少し加えて、氷だけで割ります。

c0132466_9311428.jpg

和梨のコンポートは甘さを控えめにしさっぱりと仕上げているので、あまり水などでわらなくても大丈夫です。

喉にやさしい飲み物なので、これからの乾燥してくる季節にもぜひ(^-^)。




~~~☆ブログランキングに初参加いたしました。どんどん広げたいストウブの輪。広めるための応援ワンクリックしていただけると嬉しいです♪☆~~~
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村
[PR]

by staub_love | 2009-09-20 09:37 | 番外編(お茶・飲み物)  

staubレシピ~和梨のコンポート~

夏を過ぎると、急に時間の流れが早く感じます。
桃の季節が過ぎたら、梨の季節がやってきます。
その梨の季節ももう過ぎようとしてますね。


今回は梨でコンポートを作りました。
和梨でつくるコンポートは、洋梨よりも食感が楽しいです。
風味では洋梨は鮮烈です。
ですが、今の時期の和梨の熟れ気味なものになると風味が強くなるんです。
まさにコンポートにぴったりなハイブリットな梨になるんですよ(^-^)。
c0132466_1930346.jpg

でべそな梨、なんとも愛らしいです。新潟から送って頂いた梨です。

それではレシピです。
白ワインと水を1対1(今回は200ccずつ)
シナモンスティック、バニラビーンズ、砂糖120g、レモン汁1個分、蜂蜜50g
以上をストウブくんにいれて煮立たせます。
後は、和梨をいれて蓋をして10分から15分くらい弱火で煮ます。
c0132466_1924289.jpg


キンキンに冷やしていただきます。
c0132466_193042.jpg

ミントは自家製です。
もうミントも季節が終わってしまいますね・・。
フレッシュミントティーを楽しめるのも、もうあとひと月くらいでしょうか。

そういえば空ももう秋空ですね。
夜明け前に写真を撮りにでかけたら、真っ暗な空から段々と見事な鰯雲が日の出と一緒に浮かんできました。
c0132466_19343136.jpg

c0132466_19344594.jpg

なにを見ても食べ物を連想しちゃう季節なんですね〜、秋は。
空と雲を見て鰯雲なんて、なんだか可笑しいですね。
今の人も昔の人も変わらない、そんな食欲の秋です。
[PR]

by staub_love | 2009-09-19 19:39 | ストウブ(デザート)  

staubレシピ~栗ご飯~

前回に作った栗の甘露煮を使って、栗ご飯を炊きました。
甘露煮の栗と、新米のほのかな甘みがあわさりたまりません。

c0132466_1461833.jpg

ちょっと甘めのご飯に、ごま塩を効かせていただきます。
おこげもばっちりつくりました(*´∀`*)。

そうそう、栗ごはんのお茶漬けっていうのも美味しいんです。
甘めの栗ごはんに、塩鮭ちょっととワサビをのせてサラサラいただきます。
鮭の塩気がごま塩の代わりに、栗の甘みをひきだします。
味の変化が面白いので、飽きずにいただけますね。
[PR]

by staub_love | 2009-09-19 14:12 | ストウブ(御飯物)  

staubレシピ~栗の甘露煮~

秋の味覚の代表格、栗を買ってきました。
よく行く八百屋さんが苦笑いしてました。
どうしたのか聞くと、今は自分で栗の処理をするのが億劫なのか、栗はあまり売れていないみたいです。
今ならおまけするよ〜と、二倍の量の栗を同じ値段でいいよと言われホクホク顔で購入。

凄い量の栗をどうしようかなと考えながら、栗の皮・渋皮をむいていると、改めてその大変さに気付きます。
でも食べるとその美味しさに納得しちゃうんですよね〜♪。

やっぱり栗なら甘露煮でしょう、と決めました。
色々と使い道もありますしね。

c0132466_18363048.jpg

私は断然クチナシ入れない派。
今の季節の旬の栗はやっぱり香りが命。
と、いってもモンブランの黄色いものも好きなのですが・・・。

簡単な作り方は、
・ストウブくんに水500cc・砂糖250g・味醂100cc・はちみつ30gをいれて皮をむいた栗(栗の皮むきは割愛します。他のサイトや本を参考に手お気を付けて。)を加えます。
(色を黄色につけたいなら、水とクチナシを10分程度煮てから、クチナシをとりだして砂糖等を加えて下さい)
・弱火で15分程度煮たら、一晩さまして完成です。

勿論このままでも美味しいですし、これで栗ごはんもつくる予定ですよ~。
楽しみ楽しみ。
[PR]

by staub_love | 2009-09-18 18:58 | ストウブ(デザート)  

staubレシピ~雑穀ごはんと夏秋カレー~

夏から秋に、秋から夏に行き来している日が続いていますね。
野菜も夏の終わりのものと秋の始まりのもので、どちらも楽しめる季節なので、今の時期まるごとのカレーを作りました。
ごはんは雑穀と一緒に炊きました。

c0132466_13525348.jpg

私なりの炊くポイントは何度か書いていますが、ちょっとおさらいしてみます。
・といだお米の水をしっかりときる。
・炊く30分前くらいからしっかり水につける。
・今の時期は新米で水分が多いので、水加減は気持ち少なめに。
・最初は中弱火、湯気がでてきたら中強火。プチプチと乾いた音がしてきたら強火で30秒(おこげが好きな方はここで調節)。あとは火を止めて15分〜20分程度蒸らす。
このように炊いていて、お鍋にこびりついたことはありませんし、しっかり腰のある銀シャリがたのしめます。

c0132466_13535760.jpg

カレーの具は、
・ゴーヤ、鶏肉、ひよこ豆、金時豆、シメジです。夏野菜と秋の味覚の豆や茸をあわせました。

繊維質が豊富で体のなかをきれいにしてくれるカレーを目指しました(^-^)。
今の時期、スパイスの効かせ方は弱めにしています。
新米の風味も楽しみたいのですものね。
[PR]

by staub_love | 2009-09-17 14:10 | ストウブ(御飯物)  

staubレシピ~ししとうの蒸焼き~

この間、鎌倉に行ってきました。
海水浴の終わった海も、ホッと一息つく頃なのか水が綺麗でした。
鎌倉は、和菓子や豆菓子、蕎麦、海産物など色々と食の楽しみもおおいのですが、特に楽しみにしているのがレンバイ。
鎌倉の地野菜を生産者の方々が売っている場所です。

野菜を多く摂る事を心がけていますが、食べ方のわからない野菜等もありますよね。
そんな時、生産者の方々と直接話せるレンバイはとっても面白いです。
保存方法から、今の時期の野菜の美味しい献立、合うお酒など殆ど関係ない話になったりして、話はつきません。
生の声や経験ほど頼りになる知恵はありませんね。
値段も話したりしてる内に、親しくなってどんどんオマケしてくれますし、珍しい野菜もお裾分けしてもらえたりします。


普段わからない野菜を見つけた時によく見るのが 野菜の便利帳という本。
有機栽培や干すことで旨味がふえる等の豆知識も豊富です。
珍しい野菜だと二冊目に多く載ってます。これを参考にしているのですが、やっぱり市場などに出かけると生産者の方々の言葉に驚いたり納得したり。


そんなこんなで、レンバイで地野菜を買ってきました。
c0132466_7524793.jpg

c0132466_75314100.jpg

c0132466_7533555.jpg


特に、シシトウの大きさにびっくり!
ピーマン?と思う程。

おばちゃんに「一番美味しい食べ方教えて〜」と聞くと、「そりゃあごま油引いて蒸焼きすんのよ。最後に醤油を一垂らし。これが最高よ〜。」とのこと。

「本当〜?」とちょっと半信半疑で帰ってきて、早速試してみました。
ストウブくんは蒸焼きはお手の物。
ごま油ひいて、シシトウ並べて、パチパチ音がしてきたらひっくり返して、お醤油を一垂らし。
完成しました。
c0132466_8161265.jpg



う〜ん、地味だなあ。普段の私の料理も地味だけど、本当にシンプルすぎるなあと思って一口。

「!!!」( Д ) ゜゜

美味しい!
びっくりするくらい美味しい!
醤油の焦げた風味と、ごま油の香りがシシトウの苦み・辛味とぴったり!
しかも大きいシシトウほど美味しくかんじるなあ〜。
やっぱり凄いなあ、生産者の方々は。
無駄無く、飽きず、美味しい。こんな秘密を沢山もってます。
今度は、教えてもらったゴーヤの豆知識もアップしたいと思います。
[PR]

by staub_love | 2009-09-16 08:23 | ストウブ(蒸し焼き料理)