<   2010年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

写真とカメラ

桃の枝を買ってきました。
控えめに、しかし凛と咲く花を部屋に飾ると、心が潤います。
c0132466_11385212.jpg

c0132466_1139590.jpg

c0132466_11391659.jpg

c0132466_1139286.jpg

この季節の楽しみです。




写真とカメラについて、いくつかご質問頂いていたのでお答えしようと思います。
ブログにアップしている料理の写真で使っているのは、ニコンのD40という今となっては古いデジタル一眼レフを使っています。
食事をする部屋が間接照明でかなり暗い&電球の黄色い光なのですが、暗い所につよくなんとか撮れます。

旅行記高麗・巾着田や、仙台帰郷1仙台帰郷2はCONTAX645というカメラで撮っています。
c0132466_1147434.jpg


普段はCONTAXの横にある少し小さめのフィルムカメラ=PENTAX-SP(父から譲り受けました。)を持ち歩いています。
ブログに時々アップするお花や風景はこのカメラで撮っているものが多いですね。

旅行時&ちょっとそこまでという時には、GR1sというフイルムのコンパクトカメラを使っています。デジタルでもGRはありますから、おなじみの方も多いのではないでしょうか?
c0132466_1150442.jpg



今時フィルムカメラ中心ですが、とくに不便は感じていません。
長く道具を愛用すると(PENTAX-SPなんて父から数えて30年以上現役!)手にも心にも馴染んで使い勝手もよくなりますし、気持ちも良い物です。
フィルムで撮れないものを無理に撮ろうとも思っていませんですし、ブログのアップくらいならD40で充分活躍してくれています。


普段の料理の写真も、もう少し丁寧に撮れればなあと思いつつ、あまり無理をしても続かないので結構ボケボケの写真や暗めの写真もありますが、大目に見て頂けたらなあと思って恥を忍んでのせてます(・_・;)。

旅行記なども、写真が出来上がってきているので近いうちにアップしたいですね。

ちょっと普段のstaubブログの内容からはずれちゃいましたが、次回以降普段作っている日常のstaubレシピが続きます。

~~~☆いつも応援のワンポチッ、ありがとうございます♪~~~
私もフィルムの風合いの写真大好き!と思ったら、応援のワンぽちっ☆宜しくお願い致します♪☆~~~
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村

応援のワンぽちっ、いつもありがとうございます。励みになります(・゚-゚・)。
[PR]

by staub_love | 2010-01-29 12:08 | ストウブ(その他)  

staubレシピ~あんこう鍋~

冬の味覚でなかなかてをつけなかった食材があります。
それは、「あんこう」。
魚屋さんでしきりに勧められていたのですが、見た目の凄さに圧倒されて踏み切れませんでした(^-^;)。

でもとっても美味しいと聞きますし、年もあけてここはちょっと新しいことにもチャレンジしてみたいと思いましてお鍋にしてみました。

c0132466_11341733.jpg

c0132466_11343294.jpg


アンキモをとかしていただくと、美味しいですね〜(*´∀`*)。
とってもあったまります。

昆布出汁をベースにして、味醂と醤油で味を整えました。
具材は、白菜たっぷりと豆腐と白ネギ。
でもそれ以上にとっても良いお出汁がでる魚なんですね、アンコウって。
皮もゼラチン質で、スープもこっくりとします。



そういえば、このあんこう鍋をつくっていて「アレ?これ、どこかで見た事あるな・・・」と思いました。
よくよく考えてみると、思い当たったことが一つ。
皆様ご存じない方も多いかもしれませんが、「花の慶次」という戦国時代の漫画があります。
私、その中で慶次が作った豪快な男の鍋がずっと焼き付いていたんです。
見た目悪いけど、なんか漁師料理みたいな魅力がキラキラして見えたんです(漫画ですけど)。
そのお鍋に入ってる魚の感じに凄くよく似てるなあと思ったのでした・・・。
本当、どうでも良い話でスミマセン(笑)。



この日はたっぷりと作りましたが、いつもは食事を一緒にできない時があってそんな時は一人鍋をしています。
ごちそうひとり鍋という本を買ってから、手軽にできて、食費の節約と健康に良さそうで、手抜きしたい時によく作っています。
もうちょっと小さめのストウブくんを一人鍋用に買おうかな・・・。

~~~☆いつも応援のワンポチッ、ありがとうございます♪~~~
あんこう鍋であたたまりたい〜!と思ったら、応援のワンぽちっ☆宜しくお願い致します♪☆~~~
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村

応援のワンぽちっ、いつもありがとうございます。励みになります(・゚-゚・)。
[PR]

by staub_love | 2010-01-28 11:49 | ストウブ(煮込み料理)  

仁城義勝さんの器

今年も仁城義勝さんの漆の器の展覧会に行ってきました。
今年は、杤以外の木でも色々と作られているとのことで楽しみでした。


ギャラリーに入ると、朗らかな表情で仁城さんが「おお、ご無沙汰でした。どうもどうも。」とお出迎えしてくれました。
すっかり顔も憶えてもらって、ギャラリーオーナーのエルマーさんも含めて談笑。
新作には、櫻や松、檜、黒柿などの木を無垢で仕上げたものなどがありましたが殆どが売約済み。
特に黒柿はとっても素敵だったなあ。


一昨年に結婚記念に汁碗を買い、去年はご挨拶だけで何も買わなかったのですが、今年は買うものを決めていました。
それがこの入れ子の器です。



c0132466_1238467.jpg

c0132466_12393357.jpg

c0132466_12394950.jpg

マトリョーシカのようなデザインです。

それにあわせて夕飯を盛りつけてみました。
c0132466_12414655.jpg

c0132466_1241202.jpg

メニューは、
・ストウブくんで炊いた御飯&お揚げの味噌汁
・大和芋のとろろ
・きゅうりの梅昆布茶漬け
・根菜の白和えサラダ
・蒸焼きステーキ(ストウブくん使用)
です。



なるべく「必要なもの」という考えを捨てて、ものやお金に縛られない様に暮らしています。
それでも心の糧になるようなものを決して無理せずに、少しずつ周りに置いておくというのは良いものだなあと思います。
私たちにとってストウブくんもその一つですし、仁城さんの器もそんな一つです。



~~~☆いつも応援のワンポチッ、ありがとうございます♪~~~
ちょっとずつ色々なおかず食べるの大好き☆と思ったら、応援のワンぽちっ☆宜しくお願い致します♪☆~~~
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村

応援のワンぽちっ、ありがとうございました。
[PR]

by staub_love | 2010-01-25 07:00 | ストウブ(小物)  

寒い日のお弁当に。

今年は暖冬予想がされていましたが、見事にハズレ。
とっても寒い日が続いています。

私はお昼お弁当をもっていって食べるのですが、その時無性に欲しくなるのが温かい汁物。
その時々で買い足したりしていましたが、どうも飽きてしまいました。
勿論、経済的にもよくありません(笑)。


そこでランチジャーを買おうと思いました。
お弁当の御飯やおかずも熱々でいただけるし、一石二鳥♪

色々と物色してみて、候補は3種類。
まずは国内の魔法瓶メーカーの老舗ZOJIRUSHIのランチジャー
お弁当の容器がスタンダードな3段のタイプです。

次に目をつけたのは、こちらも老舗メーカーのタイガーのランチジャー
これは一番御飯の容量が入るんですね。
これも容器3段のタイプ。

最後は、最有力のTHERMOS のランチジャー
うーん、THERMOS良いんだけど御飯の容量ががちょっと小さめかあ・・・。(ダイエットには良いけど)。
でも、おかずの容器が他のより一段多く4段になっているのが惹かれるなあ。
ナイロンポーチもついているし。




というわけで、私はTHERMOS ステンレスランチジャーのクールグレーという色にしました。
理由はやっぱり4段の容器ですね。
普段大きなトートバックで移動しているので大きさも気になりませんし、これで熱々なものを楽しめるぞー(*^-')。
ちなみに大きさが気になる方にはこんなにコンパクトなタイプもありました。(御飯少なめの方ならこっちがお勧めですね。私は・・・きっとお腹の虫がなってしまいますけど・・とほほ。)
機能だけじゃなくて、大きさやデザインなど色々と考えられてるんですね。


ランチジャーって、定価しか知らなかったので高いイメージがありましたけど、こんなにお手頃なんですね。
もっと早く気がつけば良かったです。

これで、ストウブくんで豚汁やけんちん汁をたっぷり作ってお昼にも楽しめます♪
それにカレーとか、パスタソースとか保温力を活かしたお弁当のレシピの幅が広がりそう(^-^)。

寒い冬に、背中をポンと押されました(*´∀`*)。
[PR]

by staub_love | 2010-01-24 11:05 | ストウブ(小物)  

staubレシピ~イカのごろ焼き~

寒い日が続いていると思ったら、梅が勘違いしてしまうような陽気が顔をだしたり。
気温差の激しい日が続いていますが、どうぞご自愛くださいませ。

さて、今回は以前に作った肉豆腐につづく日本酒に合うストウブくんレシピです。

使った食材はどれも旬のものばかり。
メインはイカ。
買い物の先の魚屋で本マグロの解体ショーをやっていて、買いたいなあ〜と思っていましたが、お値段に負けました・・(・_・;)。
ちょっと悄気ていると、おじさんが満面の笑みで「この烏賊、ごろがうんめぇよ〜。マグロもいいけど、こっちもお勧め!」と、プクプクに太ったイカを勧めてくれました。


はて・・・。

「ごろ」ってなんでしょ?。

聞くのは一瞬の恥じ。おじさんに伺うと、キモのことを「ごろ」というそう。
とくにぷくっと大きくて、ごろっとしたものをおじさんは「ごろ」とよんでいるそうです。
旬じゃない時の貧相なものはただキモとよんでいるそう。



で、恥はついで。
美味しい食べ方を聞くと「そりゃあごろ焼きだべ。」と即答するおじさん。


ということで、今回はイカのごろ焼きを作りました。

食材は、
・イカ 
・白菜
・長ネギ
・たまねぎ(これ、ポイントだと念を押されました)
・干し椎茸


具材をいれたストウブくんを火にかけて、ざっと「ごろ」をつぶしながらまぜてイカに火が通ったら、醤油とバターをおとして完成です。

c0132466_21211687.jpg

c0132466_21212960.jpg

ストウブくんの保温力で熱々が楽しめますよ〜(・゚-゚・)。
アルミホイルより、ずっとお勧めです。

御飯のおかずにも、お酒のお供にもぴったりの一品です。

~~~☆いつも応援のワンポチッ、ありがとうございます♪~~~
旬のイカの「ごろ」食べたいなあ〜と思ったら、応援のワンぽちっ☆宜しくお願い致します♪☆~~~
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村
[PR]

by staub_love | 2010-01-23 09:47 | ストウブ(炒め煮)  

-志村會-2010-1/21

私達夫婦は音楽が好きです。
クラシックもジャズもロックもジャンル問わず聴き、まるで我が家の食卓のように雑食です。

以前は洋楽中心だったのですが、ここ何年かは日本のロックをよく聴く様になりました。
日本語をとても大事にしていて、英語にはない語呂や雰囲気を変則的なリズムにのせたものが特に好きです。

そんな中、年末に突然の訃報がありました。
フジファブリックのフロントマン・志村正彦さんがなくなりました(享年29歳)。
12月24日。クリスマスイブのことでした。

ファン歴は浅かったものの、「銀河」という曲は聴いてからすっかり魅力にはまりました。

昨年の夏。
フィッシュマンズが唯一でるフェスということで、sweet love showerにいった時に彼らを観て、とても楽しかった事をよく憶えています。

情景が浮かぶ様な詞と音。
真夏のむせる様な空気の中、彼らの地元(山梨県)で聴けた事は幸運だったと思います。
彼らも地元凱旋をとても喜んでいたっけ・・。

まだ29歳。
まだまだこれからどんな音楽を聴かせてもらえるのだろうと楽しみにしていた矢先でした。

昨日・2010年1月21日。
東京は中野サンプラザで、志村會と題された献花式がありました。
夜の部。妻と待ち合わせてささやかながらお花を用意して、献花してきました。
長い長い列ができていました。
会場にはいってからも、長く蛇行して続く列。待つ間、ここを訪れている方々はそれぞれに対話していたでしょうね。
待つ間に会場で流れていた、いままでの曲を沢山聴きました。

用意した花の色はオレンジと青と白。色の意味はもちろんR.I.Pの気持ちをこめて。

c0132466_108932.jpg

[PR]

by staub_love | 2010-01-22 10:14 | 番外編(その他・日常)  

ストウブくんの料理本まとめ

____________________________________
追記/下記4冊に加えて、新しくストウブの料理本が発売されました。「ストウブ」でいつもの料理をもっとおいしく!という1冊です。
詳しくはこちらと、こちらに記事としてアップしました。
____________________________________



まずは、ストウブメインの料理本4冊です。

c0132466_12473326.jpg
「ストウブ」でじんわりほっこり幸せなレシピ―シェフに愛されるフランスの人気鍋 (主婦の友生活シリーズ)
これは、私がストウブくんを買って、一番初めに買った料理本ですね。
この時にはまだ、ストウブのオフィシャル料理本はこの本くらいでした。
幅広くストウブくんの魅力を引き出した料理が紹介されています。

☆おすすめポイント
・ストウブくん向けの料理が一通り載っている。
(手軽で簡単な家庭料理から、プリン等のデザートまで。)
・アマゾンや書店等で手に入りやすい。
(ストウブくん系の本はどうも売り切れてしまうのが多いようです。)









c0132466_12495613.jpg



ストウブで、わが家は週末レストラン―予約がとれないイタリア料理店『カーザ・ヴィニタリア』原田シェフ直伝
プロのレシピを知ると、もっと普段使いに幅が出るかなと思い購入しました。
予約のとれないという言葉の通り、どれも見た目もお味もとっても美味しそう。
買った当初は、ストウブくんはフランス生まれなのにイタリア料理なの(・_・)?と思いましたが、その後和食などの普段の料理に使うにつけて、イタリアンもぴったりだなあと思い直しました。

・おすすめポイント
・ストウブくんで洋食をがっつりと作りたい人向け
・人気料理人がストウブくんの良さをどのように料理に活かしているかわかる。
・盛りつけが綺麗・写真が綺麗。
・マイナスポイント
・今では売り切れているお店が多く、手に入れるのが困難。










c0132466_12541264.jpg



「ストウブ」で作るフレンチの基本

こちら、まさにフランス生まれのストウブくんの本領発揮、フランス料理の本ですね。
でもフランス料理といっても、基本を覚えると応用がきいてよかったです。
買いやすい値段も嬉しいです。(料理本って結構高いですよね・・・)

・おすすめポイント
・ストウブくんの故郷であるフランス料理中心
・買いやすいお値段









c0132466_1258318.jpg

「ストウブ」でつくる和ごはん―フランスの万能鍋と素材だけ。からだにやさしい“新和食” (MARBLE BOOKS―daily made)

この本、私がめざしているストウブくんの使い方の理想です。
この本がストウブくんを買った時にあったら、一番最初に買ったと思います。普段使いの料理を、うんと美味しくしてくれるのがストウブくんだと思っているので。
我家は味噌汁も煮物もストウブくんを使ってきましたが、こちらの本のように綺麗に盛りつけていませんね(反省)。普段の料理がこんなに綺麗に盛られていたら、気分も良いよなあと、この頃少し勉強中。個人的には一番おすすめしたいです。本も料理も。

・おすすめポイント
・ストウブくんの普段使いにはピッタリ
・和食の基本から、ストウブくんの特徴を活かした和食のレシピが多い。
・マイナスポイント
・すぐに売り切れてしまう(でも、重版されているようなので、気長に待てば買えなくはないと思います)。


この4冊は、ストウブをお持ちの方なら、ご存知の方もきっと多いですよね。
ストウブの料理本って、ルクルーゼとかと比べるとずっと少ないのが残念です。
でも、この4冊は和伊仏とオールマイティの一冊ということで、一応色々な料理を網羅されていますし、持っていない方は、どれか一冊でも読まれてみると結構普段の参考になると思います(^-^)。


その他でおすすめの料理本を一冊。

野菜調理のスーパーテクニック 若林三弥子の蒸しいため ボアメーザ ペケーナという料理本の表紙に、新しく発売された真っ白なオーバルのストウブくんが使われています。

内容も野菜の「蒸し炒め」を中心としたものみたいで、公式なストウブ本ではないですけれど、ストウブくんらしさを活かした料理本かなあと思っています。
著者の若林さんは、北鎌倉の大人気料理サロン「ボアメーザ」を主宰されている方です。

野菜の重要性が特に注目されていますから、美味しく手軽に沢山摂れるこの調理法とレシピは嬉しいですね!
c0132466_952249.jpg

野菜調理のスーパーテクニック 若林三弥子の蒸しいため ボアメーザ ペケーナ



以上、ストウブくんのおすすめ料理本でした。

。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o

ブログをお持ちの方は、コメントの際urlも記入していただけたら、ご訪問・応援クリックさせていただきます。

~~~☆2つのブログランキングに参加しています☆この記事がもしもお役にたてたなら、応援のワンクリック宜しくお願い致します♪☆~~
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村


応援のワンクリック、いつもありがとうございます。励みになります(・゚-゚・)。


ご訪問ありがとうございました。

[PR]

by staub_love | 2010-01-19 17:44 | ストウブ(料理本関係)  

staubレシピ~豆餅雑煮~

お正月には少しお餅に辟易としていましたが、根っからのお餅好きの私。
ほとぼりが冷めた頃にまた食べたくなりますねemoticon-0111-blush.gif

白いお餅もいいけれど、ちょっと趣向を変えて自家製の豆餅でお雑煮を作りました。
具材は、
大根・金時人参・白菜・柚子と軟骨をいれた鶏つくねです。
出汁は干し椎茸と昆布の植物性のお出汁。
濃厚なお出汁をとって、残りの水分を白菜の水分でだしました。

c0132466_23544869.jpg


お正月の名残を楽しみつつ、日常に戻った生活を満喫しています。

~~~☆いつも応援のワンポチッ、ありがとうございます♪~~~
あ〜確かに今頃お餅食べたくなるな〜と思ったら、応援のワンぽちっ☆宜しくお願い致します♪☆~~~
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村
[PR]

by staub_love | 2010-01-19 00:01 | ストウブ(煮込み料理)  

staubレシピ~ゴボウたっぷりの肉豆腐~

大変寒い日が続いていますね。

昨日は東京でも霙まじりの雨が降りました。
こんな寒い日が続くと、普段は飲まないけれど日本酒の燗酒が飲みたくなります。

燗栄えするお酒を用意したら、あとは肴を用意します。

寒い季節に日本酒とくれば、肉豆腐がぴったり!
体がポカポカになります。


c0132466_19182631.jpg

作り方
・水5カップに1カップのお酒を加えます。
・豚肉をホロホロにしたいので今回は水から煮ます。クラクラとしてきたら、ゴボウと豆腐を加えます。
・ザラメと醤油で味を整えたら、葱をちらして完成です。
お好みで七味を一振り。ぐっと味がしまって、日本酒にばっちりです(・゚-゚・)!




肉豆腐をハフハフとつまんで、ぬる燗をぐびり!
あ〜、日本人に生まれてきてヨカッタア〜(*´∀`*)。
我ながら、月並みな台詞しかでてこないのが悔しいですが、本当たまらないですね!


近くの地酒専門店さんで甘酒をご馳走になりながら、あれこれと選ぶのは楽しいのですが、この所なかなか時間がとれずに悶々としています。
そんな時はこんな本を読んで、楽しんでいます。



ちなみになのですが、我家のお勧めの日本酒は「初亀」というお酒。

亀は万年といいますが、結婚の挨拶のときに末永いお付き合いを願って持って行ったお酒です。
もっていったその場で、ご両親から「一緒に飲んでいくよね」と言われてお酌しあって一口ぐびり。
思わず目が合って、美味しいねぇ〜と盛り上がりもうすっかり打解けました。
それからすっかり可愛がってもらっています。
やっぱり亀は縁起が良いんですね(・゚-゚・)!


~~~☆いつも応援のワンポチッ、ありがとうございます♪~~~
あ〜私も日本人の幸せ味わいたいな〜と思ったら、応援のワンぽちっ☆宜しくお願い致します♪☆~~~
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村
[PR]

by staub_love | 2010-01-13 19:39 | ストウブ(煮込み料理)  

staubレシピ~梅昆布スープ~

前回の豚を煮たスープで、お手軽・簡単のスープを作りました。

スープに梅昆布茶を加えただけで、あら不思議!
あっさり・こっくりとした美味しいスープになるんです( Д ) ゜゜

その他にも、梅昆布茶でつけたお漬け物等も作りますが、こちらも簡単でとっても美味しく仕上がります。考えてみたら、旨味成分の粉末みたいなものですから美味しいですよね(^-^)。
残り物アレンジにも色々と使えておすすめです(・゚-゚・)。

たっぷり葱を加えていただきます。
c0132466_2233435.jpg

癖になるお味です〜♪


~~~☆いつも応援のワンポチッ、ありがとうございます♪~~~
へぇ〜、梅昆布茶試してみようかな〜と思ったら、応援のワンぽちっ☆宜しくお願い致します♪☆~~~
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村
[PR]

by staub_love | 2010-01-11 22:07 | ストウブ(煮込み料理)