<   2011年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

staubレシピ~クラムチャウダー~

今日はクラムチャウダーを作りました。
年明けに久しぶりに食べたら、とっても美味しく、もっと食べたいという欲求に火がついたのです!
お店だとちょっとの量で結構なお値段しますものね。
お腹いっぱい食べたいなら、作るのが一番です。

では、作り方です。
/材料
浅蜊ーーーーーーーーーーーーーーー200g
水ーーーーーーーーーーーーーーーー200cc
ジャガイモーーーーーーーーーーーー大2〜3個
人参ーーーーーーーーーーーーーーー1本
タマネギーーーーーーーーーーーーー1個
マッシュルームーーーーーーーーーー10~12個
牛乳ーーーーーーーーーーーーーーー500cc
バター/ーーーーーーーーーーーーー25g
コンソメーーーーーーーーーーーーーキュウブ2個
パルメザンチーズーーーーーーーーー20g
パセリーーーーーーーーーーーーーー適量
塩ーーーーーーーーーーーーーーーー適量
黒胡椒ーーーーーーーーーーーーーー適量
小麦粉ーーーーーーーーーーーーーー大さじ5〜6(野菜の水分などで変わりますので、加減してください。)

殻付きの浅蜊はよく洗って、砂抜きをしておきます。
砂抜きした浅蜊を鍋にいれ、水から煮ます。

じゃがいも、人参はさいの目に切り、タマネギはみじん切り、マッシュルームは薄切りにします。
ストウブ君にバターをいれて火にかけ、切った野菜を加えて炒めます。

タマネギが透き通ってきたら、小麦粉を加えてダマが無くなるように混ぜます。
牛乳と汁ごとの浅蜊を加え一煮立ちさせ、とろみがでてきたらコンソメとチーズを加えます。
お塩で味を整えたら、完成です。
パセリと黒胡椒をお好みで振りかけていただきます。

c0132466_6293934.jpg

c0132466_6294790.jpg


お鍋丸々いただける幸せ〜♪(呆れる程の食いしん坊....)

今回は殻付きで作りましたが、むき身にした方が食べやすいですね。
わたしは殻を持ってチュルっといただく方が美味しく感じるのですが、皆様はいかがですか?


~~~~~~~~~~~~~~~
先日御岳山に登ってきたのです(その1)(その2)(その3)が、その際も温かいスープやお茶を持っていきました。
寒いところでいただく温かいものは格別に美味しいですよね。

山では気温も低いですし、手袋をしたまま使いやすい魔法瓶を探していたら、先日見つけました。
その名も、サーモス(THERMOS) 山専ボトル です!
アウトドアショップなどの限られた店舗で取り扱っているそうで、今まで知りませんでした。
とにかく保温性と保冷性に優れていて、24時間程度なら熱々/キンキンだそうです。
普段はアラジンのクラシックなものを使っていますが、山をはじめ旅行用に良いかなと考えています。



。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜

ブログをお持ちの方は、コメントの際urlも記入していただけたら、ご訪問・応援クリックさせていただきます。

~☆2つのブログランキングに参加しています☆~
皆様からのコメント、クリックがとても励みになっています。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村(ウインドウが開ききるまでお待ちください〜。)



いつもコメントをくださるみなさん、陰ながら応援クリックしていただけるみなさん、
ありがとうございます。


ご訪問ありがとうございました。
[PR]

by staub_love | 2011-01-27 07:17 | ストウブ(煮込み料理)  

staubレシピ~雪見鍋~

最近とても空気が澄んでいますね。
見晴らしの良いところからだと、とても綺麗な富士山が見えました。
そんな時、ふとピン!とレシピが浮かびました。
本当に食いしん坊の私です...(お恥ずかしい...)。

浮かんだレシピはこちらです。

「雪見鍋」
・作り方/材料(2〜3人分)
 豚バラ.........200g
 キャベツ......1/2個
 大根............1/3本
 葱...............適量

まず大根をすりおろしておきます。
次にストウブ君にキャベツ、豚肉、大根おろしの順でいれて火にかけます。
水分はキャベツと大根おろしから十分でますから、水はいれません。
蒸気が出てきたら、刻んだ葱を加えて、そこから3分加熱したら完成です。

c0132466_9422849.jpg

あったかい大根おろしがポイントです。
大根のおかげでお肉も柔らかくなりますし、野菜からの水分だけで蒸しているので体にも優しいです。


お好みで、七味やポン酢をかけていただきます。
c0132466_9423634.jpg


少し残しておいて、カツオ出汁と白醤油を加えてシメのお饂飩にしました。
c0132466_9424664.jpg

最後の一滴まで大根の風味が楽しめます。
大根って、力強い野菜なだなあ〜。
c0132466_9425126.jpg


大根は冬が旬なので、より一層甘みも強くて風味豊ですね!
お求めやすくて、美味しくて、家計も心もあったかくなりました。




。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜

ブログをお持ちの方は、コメントの際urlも記入していただけたら、ご訪問・応援クリックさせていただきます。

~☆2つのブログランキングに参加しています☆~
皆様からのコメント、クリックがとても励みになっています。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村(ウインドウが開ききるまでお待ちください〜。)



いつもコメントをくださるみなさん、陰ながら応援クリックしていただけるみなさん、
ありがとうございます。


ご訪問ありがとうございました。
[PR]

by staub_love | 2011-01-25 10:11 | ストウブ(蒸し焼き料理)  

冬の御岳山へ/その3ー山の宝物

御岳山はそれほど険しい山ではありません。
雪もあまり降らず、低山ならではの穏やかさと魅力に溢れています。
そんな御岳山には宝物が沢山ありました。
それを少しだけご紹介したいと思います。

まずは小さな葉がついたつらら。
c0132466_13452459.jpg

つららの先にたまたま舞った葉がついて固まるなんて、想像するとちょっと楽しくなりませんか?


これは苔の一種でしょうか。
c0132466_13452838.jpg

光があたって、とても綺麗でした。


自然が作ったお面。
c0132466_13453553.jpg

大きさも顔に丁度良い位の大きな葉でした。
こんな風に見つけたものを写真にして、帰ってからの楽しみにしています。



帰りはケーブルカーで帰りました。
普段乗り馴れないものに乗るのは楽しいですね。
c0132466_13454337.jpg




無事に御嶽駅に帰ってきました。
疲れた体に、からからになった喉。
そんな時はビールが何よりの宝ものに感じます。
ちょっと趣旨は違いますが、これも山を登ったからこそ味わえる宝ものですね。
c0132466_13454717.jpg


帰りの電車に揺られながら、半日の山旅を思い返しました。
程よく酔って、余韻でいい気分を味わいながら帰路につきました。

(今回で御岳山の話は終わりです。次回から通常のレシピに戻ります。
読んで下さりありがとうございました。)








。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜

ブログをお持ちの方は、コメントの際urlも記入していただけたら、ご訪問・応援クリックさせていただきます。

~☆2つのブログランキングに参加しています☆~
皆様からのコメント、クリックがとても励みになっています。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村(ウインドウが開ききるまでお待ちください〜。)



いつもコメントをくださるみなさん、陰ながら応援クリックしていただけるみなさん、
ありがとうございます。


ご訪問ありがとうございました。
[PR]

by staub_love | 2011-01-24 06:39 | 番外編(旅行・おみやげ)  

冬の御岳山へ/その2。

駅から2時間弱歩いて、御嶽神社に到着しました。
c0132466_12484946.jpg

ココから、もう少し歩くと社があります。


参拝をすませたら、ロックガーデンの入り口へ向かいました。
入り口の場所には、展望の良い休憩所があり、ここで小休憩をとりました。

右を向いても、
c0132466_12494511.jpg

左を向いても、
c0132466_12494126.jpg

山、山、山の景色です。



ふと地面を見ていると、もこもこと膨らんだ箇所があります。
c0132466_12492656.jpg

あれ?モグラかなと思い、屈んで見てみると.........。
大きな、大きな霜柱がありました(10センチ以上!)。
c0132466_12493385.jpg


c0132466_125129.jpg

ちょっと砕けて小さくなってしまいましたが、キラキラとしていてとても綺麗でした。



さあ、休憩は終わり。
ココからロックガーデンに向かいます。
c0132466_12511594.jpg


御岳山のロックガーデンは、観光地の顔と違う表情を見せます。
夏場と違い、人も少なくのんびりマイペースに楽しめます。
足下に気をつけながら、進んで行きます。
c0132466_139831.jpg




御岳山には滝が二つあります。
そのうちの一つが、ここ七代の滝です。
c0132466_1392726.jpg

滝の周りには、つららが育っていました。
c0132466_13103133.jpg




山道から岩道へ入っていく場所に看板がありました。
大岳山へも抜けられるのですね。
頭の中の地図を広げて、いまどの辺りかを想像します。
c0132466_13104752.jpg




川が流れる側の岩場を進んで行きます。
山の気配が濃くなる方へと、どんどん歩みを強めます。
c0132466_1312578.jpg




しばらく進んで行くと岩が少なくなってきます。
もうすぐロックガーデンも終わりです。
c0132466_13121293.jpg


落ち葉と枝が多くなって、山の道に戻って行きます。
日が暮れないうちに帰ろうと、帰路を少しだけ急ぎました。
そう、日中は穏やかですがここは冬山。
あっという間にがらりと表情が変わりますから。
c0132466_13252818.jpg


続きます。





。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜

ブログをお持ちの方は、コメントの際urlも記入していただけたら、ご訪問・応援クリックさせていただきます。

~☆2つのブログランキングに参加しています☆~
皆様からのコメント、クリックがとても励みになっています。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村(ウインドウが開ききるまでお待ちください〜。)



いつもコメントをくださるみなさん、陰ながら応援クリックしていただけるみなさん、
ありがとうございます。


ご訪問ありがとうございました。
[PR]

by staub_love | 2011-01-23 13:40 | 番外編(旅行・おみやげ)  

冬の御岳山へ。

新年初登山はお参りを兼ねて、御岳山に出かけました。
そうそう、山は「御岳山」ですが、駅は「御嶽」駅と表記が違います。
ちょっと紛らわしいですね。
きっと元々は「御嶽山」だったのでしょうか。

中央線の立川から、青梅線に乗り換えて「御嶽駅」に向かいます。

駅が先に進む程、人が一人また一人と降りてゆき、いつしか車内には私たち二人きり。
景色が街から山の気配が濃くなったころ、線路も単線になりました。

朝八時、駅前の案内所がひらく時間きっかりに到着です。

c0132466_2034464.jpg

案内所の係のおじいさんに山の様子を聞いてから、予定をたてて出発です。
今回はバスやケーブルカーを使わず、歩いて山頂にある「御嶽神社」を目指します。



川縁を歩いていると、キラキラとした光が目に入ってきました。
ふと周りをみると、水辺の近くの植物につららができていました。
c0132466_20374790.jpg

東京でつららを見るのは初めてかもしれません。



小一時間ほど歩いてケーブルカーの乗り場「滝本駅」につくと、バスで向かってきた皆さんが到着したところでした。
バスだと「御嶽駅」から10分程度だそうです。
c0132466_20361113.jpg

でも皆さんとはまたここでお別れです。
ほとんどの皆さんは、ケーブルカーで「御岳山駅」に向かいました。



途中、道ばたに落ちていた木の枝を杖代わりにしながら、朝日がこぼれる道を小一時間登っていきます。
c0132466_2037267.jpg

c0132466_20441818.jpg

さあ、もうすぐ「御岳山駅」です。
きっとケーブルカーに乗った皆さんは、もうお参りを済ませているでしょうね。

私たちもウォーミングアップ終了です。
さあ、ここから御岳山の本番。冬の山へ向かいます。

続きます。






。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜

ブログをお持ちの方は、コメントの際urlも記入していただけたら、ご訪問・応援クリックさせていただきます。

~☆2つのブログランキングに参加しています☆~
皆様からのコメント、クリックがとても励みになっています。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村(ウインドウが開ききるまでお待ちください〜。)



いつもコメントをくださるみなさん、陰ながら応援クリックしていただけるみなさん、
ありがとうございます。


ご訪問ありがとうございました。
[PR]

by staub_love | 2011-01-21 21:29 | 番外編(旅行・おみやげ)  

staubレシピ~豆乳チゲ鍋~

寒い日が続いていますが、みなさまお風邪など召されていませんか?
年明けからすこし落ち着き、気の緩む時期なのでどうぞご自愛ください。

さて、今回は温かい汁物をつくりました。
昆布のお出汁と豆乳をベースにして豆板醤を加えたスープで、白菜と葱をたっぷりといれました。
一煮立ちした後、豚肉と豆腐をを加えさっと火が通ったら完成です。

c0132466_9381329.jpg


豆板醤をいれても豆乳がマイルドなので、辛いものが苦手な方にもおすすめです。
辛さがたりない時は、食べるラー油等でお好みの辛みさにしていただきます。
c0132466_9381918.jpg



寒さは本番ですが、冬至がすぎてどんどんと日がのびていて少し嬉しくなります。
春の足跡はまだ聞こえませんが、気持ちが軽くなりますね。





。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜

ブログをお持ちの方は、コメントの際urlも記入していただけたら、ご訪問・応援クリックさせていただきます。

~☆2つのブログランキングに参加しています☆~
皆様からのコメント、クリックがとても励みになっています。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村(ウインドウが開ききるまでお待ちください〜。)



いつもコメントをくださるみなさん、陰ながら応援クリックしていただけるみなさん、
ありがとうございます。


ご訪問ありがとうございました。
[PR]

by staub_love | 2011-01-14 09:56 | ストウブ(煮込み料理)  

謹賀新年

みなさまあけましておめでとうございます!
新しい年・卯年がはじまりましたね。
ウサギといえば飛び跳ねる、まさに飛躍の年にぴったりの干支。
気持ちも新たに、日々を大切に過ごしていきたいと思っています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みなさまはご参拝をどちらに行かれますか?
私達夫婦は東京で年を越すときは、鎌倉・鶴岡八幡宮にお参りにでかけています。
毎年大晦日はどちらかの実家で両親・兄妹と楽しく過ごしています。
今年もちょっと夜更かしが過ぎてしまいました。
普段よりも大分遅めに起きてからのんびりとお参りに向かいます。


鎌倉駅について、人ごみにゆられながら商店街をぶらり。
途中若宮大路にでて八幡様にむかっていると、さわやかな香りがしました。
それは檜の香りです。
ふと見上げるとおおきな干支。
c0132466_13154487.jpg

材木屋さんの檜の香りと、見栄のきりかたに気持ちも晴れて清々しくなりました。



八幡様にお参りした後、お土産処で有名なまめやさんを覗きました。
するとそこには、生きたウサギがお出迎えしていました。
c0132466_1315363.jpg

どうやら、お店で飼われているウサギではなくお客さんのどなたかがお連れになったのウサギの様子。
鼻をヒクヒクさせて、ご主人の帰りをまっていました。


鎌倉でのお正月に困るのは飲食店です。
お正月の鎌倉は、小町通りや若宮大路などにある観光客目当てのお店は開いていますが、どこもいっぱいです。
それにそういったお店は、お味や値段や雰囲気がどれもあまりよくありません。
少し路地にはいったような所にある、地元のお客さん相手のお店はどこもお休み。
ちょっと残念ですが、仕方ないですよね。

そんな食べるところに困る鎌倉ですが、今年はハンバーガーを食べました。
c0132466_13165589.jpg

チェーン店では一番好きなバーガーショップ「クワアイナ」です。
c0132466_131712.jpg

c0132466_131768.jpg

チーズバーガーとアボカドバーガーをいただきました。
ハンバーガーも美味しいですが、ここのクラムチャウダーも好きなんです。
これがまた普段より一層美味しく感じました。
大晦日から元旦にかけて、お雑煮やおそば、お寿司など和食で味のこいものを沢山いただいたので、洋食の味に飢えていました(笑)。
お正月に食べるハンバーガーって美味しいんですね(笑)。これ今年の初発見。
こたつでアイスを食べるくらいちょっと気持ちが揺れました。

海よりのお店で駅から少し離れているので、混み過ぎもせずゆっくりできました。
ある意味ではアメリカナイズされた鎌倉らしくて、おすすめです。

海は初サーフィンの人達でいっぱいでした。
風が少し強かったから、良い波だったろうなあ・・・。
砂浜もとっても綺麗でした。
c0132466_13171443.jpg

多分海にゆれる誰かのサンダルでしょうか。



c0132466_13161947.jpg

この日は江ノ島に光がさしていました。



c0132466_13162483.jpg

初日の出は寝坊して見られませんでしたが、初サンセットを見ることができました。
曇ってきたから帰ろうかと駅に向かい始めたら、真っ赤な日差しがさし込んで、振り返えると海に沈む太陽が雲の切れ間から見えました。



日が落ちると急に海風が寒く感じました。
空の色があっというまに変わっていきます。
江の電の線路を渡る頃には、ピンクと宵の碧がまざったマーブル模様の空でした。
c0132466_13162915.jpg

食いしん坊な私たちは、サーティーワンにこんな色のアイスがあったよねなんて話をしながら駅に向かいました。

帰りの電車ではすっかり居眠り。
電車に揺られていたせいでしょうか。
そこで見た初夢は、舟の上で海の波に揺られてのんびりしているところでした。
私はどうやら夢でものんびりしているようです。

さあ、これから新しい一年どんな風に楽しく過ごしましょう!
自宅に戻ってきた私たち夫婦は、とりあえずストウブ君であったかいものを作ろうとお出汁をはりました。
美味しいものは楽しいことという単純な私たち夫婦ですが、今年もどうぞよろしくお願い致します。




。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜

ブログをお持ちの方は、コメントの際urlも記入していただけたら、ご訪問・応援クリックさせていただきます。

~☆2つのブログランキングに参加しています☆~
皆様からのコメント、クリックがとても励みになっています。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村(ウインドウが開ききるまでお待ちください〜。)



いつもコメントをくださるみなさん、陰ながら応援クリックしていただけるみなさん、
ありがとうございます。


ご訪問ありがとうございました。
[PR]

by staub_love | 2011-01-02 14:17 | 番外編(旅行・おみやげ)