<   2011年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

新しいSTAUB本2冊

新しくストウブの料理本が2冊でていると、教えていただきましたので、
ご紹介致します。

1冊目は、ダッチオーブンなどの野外料理がお得意な「みなくちなほこ」さんのもの。
以前紹介したダッチオーブン100レシピの作者の方でもあります。
使い方が似ているところもあるお鍋なので、楽しみですね。
c0132466_835397.jpg

小さいサイズのストウブで作るおいしい毎日ごはん

もう一冊は、現在予約受付中の「ストウブ」のおいしい使いこなしレシピ(11/末発売)です。

ストウブの料理本は「ストウブ」でつくる和ごはん―フランスの万能鍋と素材だけ。からだにやさしい“新和食” (MARBLE BOOKS―daily made)ストウブで、わが家は週末レストラン―予約がとれないイタリア料理店『カーザ・ヴィニタリア』原田シェフ直伝
のように、品切れになるとなかなか手に入らなくなるので、欲しい方はお早めにどうぞ。

両本とも、届き次第レポしたいと思います。
久しぶりのストウブ本、楽しみです。


。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜

ストウブというお鍋については、右側のメニュー『ストウブ君のあれこれ』にまとめてあります。
初めてのかた、これからのかた、ご参考にどうぞ。


。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜


ブログをお持ちの方は、コメントの際urlも記入していただけたら、ご訪問・応援クリックさせていただきます。

~☆2つのブログランキングに参加しています☆~
皆様からのコメント、クリックがとても励みになっています。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村(ウインドウが開ききるまでお待ちください〜。)



いつもコメントをくださるみなさん、陰ながら応援クリックしていただけるみなさん、
ありがとうございます。


ご訪問ありがとうございました。
[PR]

by staub_love | 2011-10-30 08:53 | ストウブ(料理本関係)  

staubレシピ~韓国風ラーメン~

朝晩の空気がどんどん澄んでいくのがわかる季節ですね。
日中は暑くても、朝晩はヒンヤリとした風が気持ち良いです。

少し刺激的な汁物が食べたくなって、韓国風ラーメンを作りました。

キャベツーーー1/4個
人参ーーーーー1/2本
ニラーーーーー1束
もやしーーーー1袋
しめじーーーー適量
豆腐ーーーーー1丁
韓国細麺ーーー200g
ラー油ーーーー適量
浅蜊スープーー1リットル
葱ーーーーー1本

ストウブ君に野菜と100ccの浅蜊スープを加えて5分火にかけます。
野菜の色味が鮮やかになったら、残りのスープと豆腐を加えて一煮立ちさせます。
そこに韓国細麺をいれてほぐれたら、ラー油と刻んだ葱を加えて完成です。

c0132466_20384379.jpg


c0132466_20384876.jpg


浅蜊スープと、伸びにくい韓国の麺がポイント。
グッと本格的な味になります。

食べると少し汗をかくくらい体がぽかぽか。
野菜たっぷり、栄養たっぷりのお鍋です。





。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜

ストウブというお鍋については、右側のメニュー『ストウブ君のあれこれ』にまとめてあります。
初めてのかた、これからのかた、ご参考にどうぞ。


。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜


ブログをお持ちの方は、コメントの際urlも記入していただけたら、ご訪問・応援クリックさせていただきます。

~☆2つのブログランキングに参加しています☆~
皆様からのコメント、クリックがとても励みになっています。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村(ウインドウが開ききるまでお待ちください〜。)



いつもコメントをくださるみなさん、陰ながら応援クリックしていただけるみなさん、
ありがとうございます。


ご訪問ありがとうございました。
[PR]

by staub_love | 2011-10-22 06:38 | ストウブ(煮込み料理)  

staubレシピ~茹で落花生~

玉川上水のあたりを散歩していると、地場産の野菜を売っているお店が何件かあります。
店頭にならんでいるものを眺めているだけで季節を感じますし、普段お店に並ばないような野菜や自家製のジャム/漬物/果実酒などが並んでいてそれがまた楽しいです。

先日、生の落花生が並んでいるのをみかけました。
落花生といえば千葉と思っていましたが、西東京でも採れるのですね〜。
早速いただいて帰り、塩ゆでにしていただきます。

こちらが生の落花生です。
c0132466_10442126.jpg


・落花生の茹で方
水ーーーーー3リットル
塩ーーーーー100g
3%前後の塩分

ストウブ君に水と塩を加えて、水洗いした殻付き落花生をいれます。
c0132466_104431100.jpg

灰汁がでたらとりながら、蓋をして25分〜30分煮ます。
笊にあげて、ウチワで湯気と水分を軽く飛ばせば完成です。

c0132466_10443643.jpg

売っているピーナッツとは風味が断然違います。
より豆の風味が強く、歯ごたえも百合根のよう。
茹でたではホクホクとしてまた格別です。
普段お酒をあまり呑まない私達も、思わずビールをグラスに半分。
一緒にいただくと、もう〜幸せ!

なにせ茹で落花生の命は、採りたて・茹でたてです。
この美味しさ癖になりますよ〜。
落花生をみかけたら、ぜひお試し下さいね。




※最近問い合わせが多いので、ストウブ君のおすすめ料理本はこちらにまとめました。
ストウブ君を買って、最初の1冊にご参考下さい。


。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜

ストウブというお鍋については、右側のメニュー『ストウブ君のあれこれ』にまとめてあります。
初めてのかた、これからのかた、ご参考にどうぞ。


。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜


ブログをお持ちの方は、コメントの際urlも記入していただけたら、ご訪問・応援クリックさせていただきます。

~☆2つのブログランキングに参加しています☆~
皆様からのコメント、クリックがとても励みになっています。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村(ウインドウが開ききるまでお待ちください〜。)



いつもコメントをくださるみなさん、陰ながら応援クリックしていただけるみなさん、
ありがとうございます。


ご訪問ありがとうございました。
[PR]

by staub_love | 2011-10-19 06:39 | ストウブ(煮込み料理)  

山のお料理本

ここ最近とても興味があるがあります。
それは「いつ、どこで、どんな風にご飯を食べるか」ということです。

何を当たり前の事をと思う方もいらっしゃるでしょうが、最近とても実感するようになりました。
山や川や海や島に訪れるにつけ、本当に美味しいものって実はその場所に行かなければ食べられないのかも知れないと思う様になったのです。
よくデパート等でみかける地方物産市などでも、美味しいものもあるんだろうけど、やっぱりその土地で食べるべき場所と時期に食べたらビックリする位美味しいものってありますものね。

前置きが長くなりましたが、そんなその場所だからこそ食べられる・美味しいものの本があります。
山小屋ごはんという本で、今から3年前に登山するようになったきっかけの本です。
c0132466_1053273.jpg

きっかけはやっぱり「食べ物」というのが我が家らしいですが...(笑)。
山を登って、美味しい空気を沢山すいこんで、お腹ぺこぺこで会いに行く山小屋ごはんは格別です。
こういう食の楽しみ方があっても良いな〜と思っています。
簡単に行けない場所程、思い出も深くなります。
お料理もその分美味しく感じたっけ。不思議なものですね。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

山に限らずですが、外でご飯をいただくのは格別ですよね。
好きな場所で、ちょっと手をかけて、熱々のできたてのものをいただく。
そんなアイデアの参考にしているのがつながる外ごはんという本です。
外で食べたらちょっと嬉しい!と思うレシピが多いです。

c0132466_1041595.jpg


山小屋ごはんも、つながる外ごはんもどちらも普段キッチンで使うような料理本ではありませんが、料理・食べ物がもっと好きになった本でした。




※ストウブ君のおすすめ料理本はこちらにまとめてあります。
最初の1冊にご参考下さい。

。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜

ストウブというお鍋については、右側のメニュー『ストウブ君のあれこれ』にまとめてあります。
初めてのかた、これからのかた、ご参考にどうぞ。


。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜


ブログをお持ちの方は、コメントの際urlも記入していただけたら、ご訪問・応援クリックさせていただきます。

~☆2つのブログランキングに参加しています☆~
皆様からのコメント、クリックがとても励みになっています。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村(ウインドウが開ききるまでお待ちください〜。)



いつもコメントをくださるみなさん、陰ながら応援クリックしていただけるみなさん、
ありがとうございます。


ご訪問ありがとうございました。
[PR]

by staub_love | 2011-10-15 10:37 | ストウブ(料理本関係)  

番外編~山には美味しいものがあります~

あんなに暑かった夏はもう随分遠くに感じます。
ちょとだけ名残惜しむ気持ちで、夏休みの思い出を少しだけ。


誰も乗っていないバスに乗ると、夏の終わりと似た気持ち。
少し寂しくて、少しウキウキします。
c0132466_7345189.jpg





着いた場所は陣馬山。
自転車できていた皆さんが地図を広げていました。
わからない場所を手探りで確かめながら進んで行く、そんな姿はみているだけで楽しくなります。
今日はここから高尾山まで、いくつかの山を越えて向かいます。
c0132466_73529.jpg





歩き始めてしばらくすると、絵本で見るようなキノコが生えていました。
c0132466_7351142.jpg





キノコと同じ色をした蝶(蛾?)がヒラヒラと飛んでいます。
しばらく着かず離れず。一緒に山頂に向かいます。
c0132466_7352019.jpg





さあ!着きました!
ここは陣馬山の山頂です。
c0132466_7352423.jpg





私達夫婦は食いしん坊。
山の上でも美味しいもの探し。
ここはけんちん汁が有名ですが、私はここのかき氷が大好きなんです。
c0132466_7352915.jpg

重そうな昔ながらのハンドルをまわして、手でふわっと削ったかき氷です。
季節限定だったかな....?
汗をかいた後、美味しい空気のなか食べるふんわりとしたかき氷は格別です。




こちらは城山のかき氷。
c0132466_7353939.jpg

ボリューム重視のかたにはこちら。
美味しいですが、機械削りでいわゆる「縁日」の味。
ちょっと残念...。




ちょっとこぼれてしまったのはご愛嬌。
こちらは景信山名物のなめこ汁です。
c0132466_7354732.jpg

熱々をいただきます。




景信山は山の天ぷらがあります。
c0132466_7355562.jpg

その時々で山でとれたものを揚げてくれます。
零余子もなにかの花も、食べられるものはなんでも揚げてくれます(笑)。
知らない食べ物って、まだまだ沢山あるんですね。
新鮮な驚きがまだまだあって飽きる事がないですね、食べ物のことって。


相模湖の水面をなぞった風は、とっても気持ち良かったです。
c0132466_736151.jpg

夏の山の(食べ物の?)思い出です。




。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜

ストウブというお鍋については、右側のメニュー『ストウブ君のあれこれ』にまとめてあります。
初めてのかた、これからのかた、ご参考にどうぞ。


。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜


ブログをお持ちの方は、コメントの際urlも記入していただけたら、ご訪問・応援クリックさせていただきます。

~☆2つのブログランキングに参加しています☆~
皆様からのコメント、クリックがとても励みになっています。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村(ウインドウが開ききるまでお待ちください〜。)



いつもコメントをくださるみなさん、陰ながら応援クリックしていただけるみなさん、
ありがとうございます。


ご訪問ありがとうございました。
[PR]

by staub_love | 2011-10-14 07:06 | 番外編(旅行・おみやげ)  

staubレシピ~お肉たっぷり水餃子~

時々無性に「あ〜、お腹いっぱい食べたいな〜」と思うものがあります。
それは水餃子。

厚めの皮に、野菜を控えめ目にしたお肉たっぷりの餡を包むのがstaub_love家流です。

材料
豚挽肉
ニラ
ニンニク
生姜
キャベツ

皮は自家製の方が厚さも加減できて良いですが、市販のものでもOKです!

餃子は、ストウブ君でとった鶏ガラに醤油とごま油をたたせたスープで4〜5分煮込み、
浮いてきたら完成です。

c0132466_6351539.jpg


この頃はお野菜たっぷりのやさしい餃子が増えたので、たまにお肉たっぷりの餃子が食べたくなるんです(笑)。
食べたいものを作って、美味しいうちにいただくって幸せですね。


。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜

ストウブというお鍋については、右側のメニュー『ストウブ君のあれこれ』にまとめてあります。
初めてのかた、これからのかた、ご参考にどうぞ。


。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜


ブログをお持ちの方は、コメントの際urlも記入していただけたら、ご訪問・応援クリックさせていただきます。

~☆2つのブログランキングに参加しています☆~
皆様からのコメント、クリックがとても励みになっています。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村(ウインドウが開ききるまでお待ちください〜。)



いつもコメントをくださるみなさん、陰ながら応援クリックしていただけるみなさん、
ありがとうございます。


ご訪問ありがとうございました。
[PR]

by staub_love | 2011-10-13 06:35 | ストウブ(煮込み料理)  

staubレシピ~サムゲタン風手羽元スープ~

ブログを更新していない間に、随分と季節は進んですっかり秋ですね。
皆様、ご無沙汰いたしております。

2007年から始めたこのブログも丸4年が経ち、5年目に入りました!(何周年記念のお祝いを毎年しておりましたが、今年は特にありません....。)
ココ最近はブログも滞りがちですが、マイペースに続けて行きたいと思っています。
細く長いおつきあいができたら嬉しいです。


さて、寒くなって暖かいものがより美味しく感じるようになってきましたね!
体が欲しいものを色々考えて、サムゲタンを作ることにしました。

丸鶏でつくるサムゲタンはちょっと敷居が高いですが、今回はお手軽な手羽元でつくりました。
材料
手羽元ーーーーー10〜12本
餅米ーーーーーー70g
生姜ーーーーーー1かけ(皮付きを薄く輪切り)
ニンニクーーーー2〜3かけ(皮をむいて、包丁のはらでつぶしておく)
クコの実ーーーー10g(お酒で戻しておく)
棗、栗、松の実はお好みで。

作り方

手羽元をストウブ君にしきつめて火にかけ、少し表面に焼き色がついてきたら生姜とニンニクをいれます。
香りがでたら餅米を加えて(棗や栗、松の実をいれる場合ここで入れて下さいね)、蓋をして30〜40分コトコト。
お塩で味を整えたら、クコの実をお酒ごと加え一煮立ちさせたら完成です。



黒胡椒と葱をお好みで。
黒胡椒はとっても合うのでおすすめです。
c0132466_631819.jpg

体の芯からポッカポカ。とっても温まりますよ〜。

手羽先の骨を抜いて餅米や材料を詰めると、もう少し本格的にできますね。
その場合は餅米を少し増やすと良いですね。

滋養がつくものを食べて、これからの冬に備えます。




。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜

ストウブというお鍋については、右側のメニュー『ストウブ君のあれこれ』にまとめてあります。
初めてのかた、これからのかた、ご参考にどうぞ。


。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜


ブログをお持ちの方は、コメントの際urlも記入していただけたら、ご訪問・応援クリックさせていただきます。

~☆2つのブログランキングに参加しています☆~
皆様からのコメント、クリックがとても励みになっています。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村(ウインドウが開ききるまでお待ちください〜。)



いつもコメントをくださるみなさん、陰ながら応援クリックしていただけるみなさん、
ありがとうございます。


ご訪問ありがとうございました。
[PR]

by staub_love | 2011-10-11 06:29 | ストウブ(煮込み料理)