番外編〜光の森【大菩薩嶺】その2〜

大菩薩嶺の頂上は、見晴らしのない森の中にあります。
あんなに見晴らしのよかった稜線を歩いているせいでしょうか、
ちょっと肩すかしをされた気持ち。
c0132466_10334018.jpg

多くのひとは、ここで引き返していきます。
ここから先は森。
稜線に比べると少し地味だからでしょうか。





少し休憩していると、ふわりとよい風が吹いてきました。
木々を通り抜けてきた気持ち良い風。
そうでした。私は、岩や稜線だけが好きな訳じゃなかったな。
森も川も植物も、鳥をはじめそこに住む動物達も、木漏れ日や木立を抜ける風も、
全部ひっくるめて【山】が好きだったな、そう思い出しました。
c0132466_10333436.jpg

私達はこの先を抜けることにしました。



森は沢山の命に溢れています。
c0132466_10334985.jpg




水と光の宝石が眩しかった。
c0132466_1034787.jpg

折れた木々も沢山あったのに、頑張ったね。



大きな大きな台風でした。
大木がもぎられたように倒れていました。
c0132466_10342274.jpg




鳥の巣箱があちこちに。
古い巣箱はとても木々に馴染んでいます。
鳥たちはここで台風を凌いだのでしょうか。
c0132466_10342742.jpg




途中丸川峠の丸川荘で休憩をしました。
冬支度の割られた薪が積み重ねられています。
c0132466_10343159.jpg

ココアをいただき、少しご主人とお話をしました。
聞けば宮城県ご出身。同郷の方と山で出会えるなんて不思議。
とろろご飯とコーヒーがおすすめとのことです。



町におりてくると不思議な寂しさがあります。
温泉につかって汗と疲れを流し、名物のホウトウ等を買って帰りのバスに乗り込みます。
c0132466_10344386.jpg

今回の山旅はこれでおしまい。
つぎはどんな場所に行こうか、帰りの電車で話しているところから、
もう次の旅は始まっています。





。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜

ストウブというお鍋については、右側のメニュー『ストウブ君のあれこれ』にまとめてあります。
初めてのかた、これからのかた、ご参考にどうぞ。


。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜


ブログをお持ちの方は、コメントの際urlも記入していただけたら、ご訪問・応援クリックさせていただきます。

~☆2つのブログランキングに参加しています☆~
皆様からのコメント、クリックがとても励みになっています。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村(ウインドウが開ききるまでお待ちください〜。)



いつもコメントをくださるみなさん、陰ながら応援クリックしていただけるみなさん、
ありがとうございます。


ご訪問ありがとうございました。
[PR]

by staub_love | 2011-11-08 07:32 | 番外編(旅行・おみやげ)  

<< staubレシピ~基本のガラスープ~ 番外編〜霧の山へ【大菩薩嶺】その1〜 >>